群馬県高崎市宮元町で矯正歯科、小児歯科の田中歯科医院

矯正・RAMPA(ランパ)治療の流れ

初回相談

お子様のお口と症状を拝見して矯正もしくはRAMPA治療が必要かどうか簡単にご説明いたします。

矯正診査・診断

お口の型、写真、レントゲンなどの診査を行います。必要であればCTの撮影も致します。それらを元に現在の歯並び、顎顔面頭蓋の歪を分析し治療計画を立てます。診査費用が10,000円~20,000円(税別)必要になります。

治療計画のご説明

診断結果をもとに、お子様のお口の状態、骨格、呼吸の状態、今後の治療方針、使用する装置・治療期間などを詳しくご説明いたします。できればご両親そろってご説明をお聞きしていただくことをお勧めいたします。ご説明を聞いていただき、治療方法を後日選択していただきます。

装置装着・治療開始

選択していただいた治療方法により装置、使用時間、来院頻度が変わります。

動的治療の終了

前から数えて7番目の永久歯(第二大臼歯)が生えるまでが目安になります。個人差はありますが、13歳~15歳ぐらいとお考え下さい。

矯正装置の種類

MUHshield可撤式装置

取り外し式の受け口用、筋肉のトレーニング装置です。3歳から使用できます。

床矯正拡大装置

拡大装置 可撤式および固定式装置

ネジを使用して顎や歯列を拡大します。
 

ClearAligner 可撤式装置

ClearAligner 可撤式装置

取り外し式の透明な矯正装置です。重度の不正咬合には不適です。

ブラケット矯正装置(メタル製)

ブラケット矯正装置(メタル製)

ブラケット矯正装置(セラミック製)

ブラケット矯正装置(セラミック製)

RAMPA(ランパ)療法

当院では、顎顔面咽頭領域の自然な成長発育を誘導し気道を広げ、お子様の口の中の機能(鼻呼吸・噛むこと・飲みこむこと・発語など)を十分発揮できるようにすることで、歯並びを改善していくことを目的にした「RAMPA(ランパ)療法」という治療を行っております。

RAMPA(ランパ療法)がいったいどんな症状に対して行う治療なのか、どのような治療法なのか、わかりやすくまとめたスライドがありますので、まずはこちらを御覧ください。

RAMPA(ランパ)についての詳細と最新情報につきましては、「顎顔面口腔育成研究会のホームページ」をご覧下さい。顎顔面口腔育成研究会

copy right Tanaka Dental clinic


TOP