群馬県高崎市宮元町で矯正歯科、小児歯科の田中歯科医院

群馬県高崎市の田中歯科医院電話番号
ブログ > お知らせ > 保険治療と自費治療

保険治療と自費治療

 

 

みなさんこんにちは!

 

朝晩は寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

さて先日、院内でセミナーをしました。

 

テーマは自費の補綴物(被せ物)の種類です。

 

 

皆さま、保険治療、自費治療はどういったイメージがありますか?

 

自費診療とは保険外診療、自由診療とも呼ばれています。保険診療=銀歯と義歯、自由診療=白い歯とインプラント、、というイメージを持たれている方が多いかと思いますが、素材だけが両者の違いではありません。

 

保険治療と自費診療では、治療に使用できる歯科材料、かけられる時間、治療の順番に違いがあります。保険治療は、治療方法や手順、治療に使う材料に細かいルールがあるため、決められたルール以上の治療は行えません。そのため、最新の治療法で治療や、高性能の材料を使うことができなかったりします。

 

自費治療は、保険治療では行えない、また使えない治療法や素材を自由に選ぶことができ、機能面と審美面どちらも考慮された治療や施術を受けることができます。

 

例えば、、詰め物や被せ物はレジン(プラスチックの材料)ではなく白く透明感があり、汚れが付きにくいセラミックを選ぶことができます。

セラミックのツルッとした素材は汚れがつきにくいという特性があります。汚れがつきにくいということは、虫歯や歯周病のリスクも減らせるのです。

 

数年たって黄ばんでくるレジンと、汚れがつきにくく、そして白さをキープできるセラミックでは見た目も機能面でも大きな差が出てきます。

 

当院では審美だけではなく、噛み合わせや素材、患者さまに合った補綴物や治療法をご提案し、皆様の健康なお口を守りたいと思っております😄

 

治療に関してご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお声がけください^ ^

 

i

copy right Tanaka Dental clinic


TOP